目次はこちら  

頁岩について


頁岩(けつがん)は堆積岩の一種です。。1/16mm以下の粒子(粘土・泥)が水中で水平に堆積したものが
脱水・固結してできた岩石のうち、堆積面に沿って薄く層状に割れやすい性質があるものをいいます。
頁の字は本のページを意味し、この薄く割れる性質から命名されました。 粘土・泥が堆積してできた岩石
のうち、薄く割れる性質を持たないものを泥岩といいますが、泥岩と頁岩の間に本質的な違いは無いので、
頁岩は泥岩の一種とする考え方もあります。 また、弱い変成作用を受けて硬くなり、やや厚い板状に割れる
ものを粘板岩といい区別することもあります。
水中に堆積した粘土が元になっているので、生物化石が含まれている場合が多くあります。
カンブリア紀のアノマロカリスなどが見つかったカナダのバージェス頁岩は有名です。

バージェス以外の有名なところとしては,

ドイツのホルツマーデン(中生代ジュラ紀(約2億800万〜1億4500万年前)の魚竜など),
ドイツのゾルンホーフェン(ジュラ紀の始祖鳥など),
中国の澄江(チェンジャン)
グリーンランドのシリウスパセット

などがあります。
これらの場所から産出する頁岩からすばらしい化石が発見されています。